スポンサーサイト
--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
避難訓練
2008年09月15日

9月1日は防災の日です。遅ればせながら本日、避難訓練を実施しました。掛け声とともに 折りたたみキャリー を組み立てたのですが...、きんちゃんはどこかに逃げてしまって、捕まえやすいふわりちゃんとななちゃんをキャリーの中に。いや、10kg以上はちと重い、このキャリー。猫隊長のりかちゃんは確認作業をしているみたいですね。

【きょうのご本】 中国のことは身近でありながら、なにか避けて通っていた自分ですが、ふと手にした 「まだ見ぬ中国」 稲越 功一 (著) を読み、その壮大な自然を撮影するため、死ぬまでに一度は行きたくなりました。著者の「写真とは不思議なもので、その時々の自分の心がそのまま映し出されてしまうだけに、自己コントロールが必要であって、常に自分に磨きをかけていないとすぐに錆びてしまう。」という言葉に触れ、夜景のブログさえ更新できない自分の不甲斐なさを反省。やはり、写真は心なのですよ。



人気blogランキングに参加中 です。引き続き応援してくださいね!
りかちゃん 凛々しいですねぇ~ 訓練中なカンジがでてますー!
 最近うちではマイクロチップについて関心が高まってます。
 ○写真は心を映すんですか!?奥が深いですねーーー
2008.09.16 01:06 | URL | くー | 編集

避難するということだけを考えると、ソフトの肩からかけられるタイプが便利なんですが(最高一人で両肩、両手で4つまでかつげる)、長時間中にいるとなるとハードの方がいいのかな。折りたたみ式のカートがあると階段ののぼりおり以外は積んで移動できます。
2008.09.16 02:09 | URL | NekoMama7 | 編集

ワタクシの地域も先日やや大きな地震があったので、
災害の時にどうやってねこさん連れで非難するか、真剣に考えました。
我が家はショルダーバッグのキャリーしかないのです。
非難しても離してあげられないし...
考えておかなくてはいけない問題ですね。
2008.09.16 07:06 | URL | Rucion | 編集

避難訓練、うちもしなくちゃです。
普段でも、キャリーを見ると『お医者さん!?』と逃げ出す子たちばかりなので、まず慣れさせることから始めないと…。
うちも(外猫を合わせて)4匹いるので、きっと非難する時には、にゃんこ以外の私物はもち出せないだろうなぁ。
あと、うちは玄関のドアの外側の目立つところに、『火事の時にはねこを助けてください』というシールが貼ってあります。
ttp://www.arcatapet.com/item.cfm?cat=13527
2008.09.16 07:43 | URL | chat | 編集

「捕まえやすいふわりちゃん・・」というフレーズになぜか反応してしまった私。。か、かわいい。。
2008.09.16 08:39 | URL | のりたま | 編集

『火事の時にはねこを助けてください』シールはいいですね!ウチはもし離れ離れになったらあの小学校が避難所だからねって言っていますが、理解してくれているかどうか...
2008.09.16 22:22 | URL | junku | 編集

避難訓練は良いアイディアですね。 うちの子は非常時には隠れてしまいそうだから怖いです。 キャリーに入れるのもてんてこ舞いになるだろうし…(大きくなっちゃったから…)。 一度は練習しておこうと思います。 
2008.09.17 09:37 | URL | Eriko | 編集

りかちゃんが隊長らしくきりっとしてカッコイイ!
万一の時に備えることは大事ですよね。
我が家もしなくちゃ。
2008.09.18 21:54 | URL | NAO | 編集

のりたまさんと一緒です。。
「捕まえやすい」というところで思わずにやり。。
うふ。。捕まえてみたい。。
2008.09.19 21:05 | URL | シャチ | 編集

りか隊長、お耳も警備態勢ばっちりですね。頼もしい!
2008.09.20 20:17 | URL | MAYU | 編集

 管理者にだけ公開する

トラックバックURL
http://junku.blog58.fc2.com/tb.php/570-7809a953
いちばん最初の記事から読む

@junku • Instagram
@junku • Flickr
書籍版「そらとぶねこ」のご購入は こちら からどうぞ

Copyright © 2002-2016 junku, All rights reserved.

designed by 鳥の巣頭


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。